pickup
【おすすめ】ピッチング練習の前にすると役立つ練習!

休日の夕方、用事を済ませて家に戻ると、ソファーの上に寝転がりながら、高校野球を観ていた兄弟達がいたので、

練習せんでいいん?

あぁ、するする。

いってらしゃい。

いや、ピッチング練習するから受けて!

・・・いいよ。

自ら動いてほしいなぁ (´-ω-`)

お昼からは買い出し

午前中の少年野球の練習が終わり、お昼からは子ども達は宿題をするというので、一人で買い物に出掛けてきました。

平日は仕事があるので、なかなか買い物がしにくい。

こういうときを利用しないと、まとまった時間がとれません。

買うものは日用品がほとんど。

ティッシュや歯磨き粉、あっ、キッチンハイターもなくなりそうやった。

主夫みたいやぁ」(*^^*)

単身赴任生活は二重生活なので、社宅の方はすべて自分でしなければなりません。

ホントに奥さんのありがたさが良くわかる。

いつもありがとう!

どっかから、「直接言ってあげたらいいんちゃう?」

と、聞こえてきそうですが・・・

言ってると思う。

たぶん・・・

長男くんとピッチング練習

話が大分それてしまいましたが、長男くんのピッチング練習に付き合うことになったので、さっそく外に出ます。

時間も遅いので、学校には行かず家の前で練習。

まずは近い距離からのキャッチボール

最近は普通に投げる前に、ちょっと違うことをしています。

まずは、両足を肩幅程度に開き、足を固定した状態で投げます。

やり方

・しっかり、上半身をひねって、上半身は横向き、下半身は正面を向いている体勢を作ります

・ボールを投げる方の手はしっかりトップの位置を作ります

・トップは腕は肩の高さまでしっかり上げて、ボールを握る手はボールが投げる方法と反対に向くようにします

・その状態から、前に伸ばしたてをしっかり引きながら、相手の胸を狙って投げる

これを10球ほど繰り返します。

こうすることで、上半身をしっかり使って投げる感覚を覚えていきます。

下半身が固定されているため、上半身しか使えないですからね。

注意点はこんな感じです。

・しっかり、上半身をひねる

・トップの位置は常にいっしょ

・投げる方の手だけで投げるのではなく、前に出した手もしっかり引きながら投げる

次は横向きに立ち、足を大きく広げます。

上半身はさっきを同じ体勢で、下半身を使いながら投げていきます。

やり方

・立ち方はセットポジションと同じ、横を向いて立つ

・足を少し大きく開く

・上半身はさっきと同じ要領で

・投げる方向と反対側にしっかりを体重を乗せてから、前の足に体重移動しながら投げる

これも10球ほど。

これは体重移動の練習です。

しっかりできたら、自分が思っているよりいい球が投げれます。

マウンドからキャッチャーくらいなら十分いけます!

注意点はこんな感じです。

・しっかり、上半身をひねる

・トップの位置は常にいっしょ

・投げる方の手だけで投げるのではなく、前に出した手もしっかり引きながら投げる

・投げるときは、後ろの足の股関節に体重をのせてから、前の足の股関節にのせた体重をぶつける

この二つの練習をおこなってから、キャッチボールをして肩を作っていきます。

後は16mを立って受けてあげて、長男くんの準備が整ったら、座ってボールを受けます!

6年生は、この時期からドンドン伸びると聞いていましたが、ホントですね。

投げる球が明らかに速くなってきました (○_○)!!

野球をしたことのない親父は、たまに目がついていかないときがあります (^_^;)

これから、もっともっと上手くなっていくだろうし、こっちが手加減してもらわないとあかんようになるなぁ。

悔しいような、寂しいような、でもちょっとうれしいような。

なんかだ表現しにくい不思議な感情です。

この子と、あとどれくらい、こんな風に練習できるかな

今ある時間を大事にしていこう (*^^*)

おすすめの記事