pickup
【お疲れさま】長男くん、2年間務めたキャプテン最後の日

長男くんが1年生から始めた、このチームでの少年野球の最後の大会が中止になってからの初めての練習があった日。

次の世代の新人戦を来月に控え、新キャプテンも発表されることになりました。

4年生の9月から2年間、キャプテンを務めてきましたが、それも今日でおしまいです。

なんだか、ほっとしたような、寂しいような (´-ω-`)

ひとまず、声をかけるとしたら、これかな?

「2年間、キャプテン、お疲れ様でした。」!(^^)!

大会中止後、長男くんと初めての顔合わせ

平日に大会の中止連絡があったので、中止が決まってから長男くんと顔を合わすのは、この日が初めて。

「さすがに元気がないかな?」

そう思いながら、私は朝早めに起きて、コーヒーを飲みながらブログ作成。

奥さんと1週間ぶりにいろいろお話しながら過ごしていると、もう7時をとっくに過ぎている!? Σ( ̄□ ̄|||)

「ちょっと、起こしてきて!」

奥さんに頼まれて、子ども達を起こしに行くと、爆睡中の子ども達 (;^ω^)

「早く起きろっーー、時間ないぞ!!」

「う~~~。今何時?」

「もう7時半なるぞ。」

「えぇ~、もっと早く起こして~や~」

(#^ω^)

「もう知らんんで、起こしたしな。遅刻したら」

「ああぁあ~~」

ようやく布団から出てきて、支度をはじめます。

それからもダラダラ、ダラダラ・・・

支度が終わったのは、集合時間15分前

・・・・・・

大会が無くなったから、モチベーションが低いのか?

それともただダラけているだけか?

どっちだ??

結局、長男くんと大会が中止になったことについて、話をすることなく練習へ行くことになりました。

「もう、もっと早く起きよ!!」

新キャプテン誕生

練習が始まる前に、まず監督が子ども達を集めて、お話をします。

6年生の最後の公式戦がなくなったこと。

フェードアウトみたいで、監督もなんともいえない感情であること。

6年生たちの今までの頑張りを労い、これから新チームの練習を来月の大会に向けておこなうこと。

新チームの背番号はキャプテン以外はそのまま据え置き、欲しい番号は春に向けてアピールすること。

そして、卒団まで、今のチームの選手を鍛えるためにも、できるだけ練習にきて協力してほしいと。

さらに新キャプテンと副キャプテンの発表があり、2人が監督から指名を受けます。

今回、新キャプテンと副キャプテンに選ばれた、2人は長男くんがキャプテンになってからすぐに、部員が9人を切り大会に参加できない時期に、入部してきてくれた子達です。

あれから約2年、2人とも練習も真面目に取り組み、大きな声でみんなを盛り上げて、チームに貢献してくれました。

これから新チームのリーダーとして、弟くん達を引っ張っていってくれると期待しています。

長男くんには家に帰ってから、

「あの2人にはいっぱい助けてもらったんやから、元キャプテンとしてフォローしいや。」

「練習中に次の練習メニュー、『トスバッティング』とか言って、返答なかったら嫌じゃなかった?」

「うん。」

「自分が嫌だったことを中心にフォローしてあげ」

「わかった。」

今のところ、約束は守っている様子です (#^^#)

卒団まで頼むで!!

元キャプテン!!

新キャプテンへ背番号を手渡して

練習が終わって、みんなでお片付け。

この日はノックが長かった・・・

私も外野ノックを打っていましたが、最後しんどすぎて代わってもらおうかと思ってました(^▽^;)

監督はさらにシートノックまで続けていたので、練習後フラフラになっていました(笑)

まぁ、大人も熱中症になったら大変なので、ほどほどにしましょう。

フラフラの監督を捕まえて、私から監督に少年野球のキャプテンの背番号『10』を返させてもらいました。

「2年間、ようやったなぁ」

と、お褒めの言葉をいただき、受け取ってもらいました。

そのまま、背番号を手にとり、練習後のミーティングのときに長男くんにその背番号『10』を渡し、

「お前から、新キャプテンに渡してくれ。」

監督から背番号を受け取った長男くん。

そのまま、何も言わずに渡しそうだったので、

すかさず、私が、

「気の利いたこと言えよ。(笑)」

そして外野から

「泣く準備できてるぞ(笑)」

結局、絞りだした言葉。

「頑張ってください。」

長男くんと共に2年間いっしょに戦ってきた『10』番を新キャプテンに手渡します。

「はい、頑張ります!」

と、新キャプテンが誓いの言葉。

新キャプテン、よろしくね!

関連記事

おすすめの記事