pickup
ある週末の出来事

ある日の週末。

家に帰ってからの出来事です。

いろいろ楽しませてくれる子ども達です(笑)

弟くんからの問題

「ただいまぁ~。」

そう言って、灯りがついてない部屋に入り、電気をつけると、机の上に何か置いてあります。

「何やこれ??」

そう思い見ると、紙に何か書かれていました。

「どれどれ。」

そう思い読んでみると、

『問題』 お父さん答えて!!

 家→戸

 くつした→足

 魚→尾

 くじら→?

どうやら弟くんから私への問題みたいです(笑)

お恥ずかしい話、正直、すぐにピンとこなかったですが、答えは『頭』

次の日の朝、起きるなり、

「お父さん、問題わかった?」

と、うれしそうに聞いてくる弟くん。

「えぇーなんやろ。わからんわ。」

「えぇー、そうなん(笑) 答えは『頭』やで。」

お父さんが答えられなかった問題を作れて、とてもうれしそうな弟くん(笑)

「おばあちゃんには、すぐ答えられたわ。」

「ふーん、おばあちゃんすごいなぁ。」

どうやら、いい問題を思いついた!

と思って、見せにいったら簡単に答えられたことが不満だったみたいです (#^^#)

次の問題はいつになるかわかりませんが、楽しみにしたいと思います。

関連記事

開けたら閉める

「弟くんの問題を考えながら、風呂でも入ろうか」

そう思いながら、お風呂に入る準備。

お風呂へと向かい、戸を開けようとした瞬間!!

『開けたら閉める』

一瞬、キョトンとしてしまいましたが、なかなかおもしろい(笑)

「何があったんやろ(笑)」

弟くんの問題を考えるはずが、これが気になって仕方がない(*^^*)

湯船に浸かりながら、

「あの字はたぶん長男くんの字やな。」

「開けたら閉めるをいつも言ってるのは俺なのに、何があったんだろう。」

と、いろいろ想像してしまい、弟くんの問題に集中できません (^∀^;)

次の日の朝、奥さんに聞いてみると、

「赤ちゃんいるし、エアコン入れてるのに、何回言っても閉めへんので、長男くんに書かした。」

まぁそんなことではないかとは思っていたけど、やれやれ、普段の奥さんの心労をお察しします (^_^;)

それにしても、長男くん習字上手になったなぁ~

関連記事

昔のNintendoDS

この日の夜、もう一つ気になることが。

我が家はキッチンに学習机が置いてあり、そこで宿題をしたりするのですが、

その学習机の上に『DS』と『辞書』が置いてありました。

このDSは、今の子達が持っている『3DS』ではなく、私が15年ほど前に購入した初期のDS。

この間発見し、充電して動かしてみたところ、少しソフトとの接触が悪くなる時があるものの、まだ使えそう。

家にあったソフトは『漢字』と『英語』のトレーニングのみ。

結婚当初は奥さんとたまにやっていましたが、それから放置していました。

我が家はゲーム機がひとつもありません。

子どもの目も悪いのでさせたくないのもありますが、親のストレスにもなるからです。

自分もそうだったけど、止める時間になっても、なかなかやめないですし(笑)

家にダラダラ居られても、邪魔なので外で遊んでもらいます (*^^*)

しかし、『漢字』と『英語』のゲームなら、いいかな?

そう思い、奥さんと相談し、渡すことに決めました。

勉強のソフトばっかりやし、『おもしろくない』と言ってやらないかと思いきや、かなりハマっているみたいです (*^^*)

漢字は子ども達でも解ける問題がたくさんあるので、

「これ、めっちゃおもろいわ。」

と言いながら、長男くん、弟くんともに、辞書までひっぱり出して夢中になってます。

英語はまだ難しいようですが、

「わからん!!!」

とボヤキながら格闘しているよう。

最近は家族全員、マンガのダイヤのAにハマって、ずっとマンガを読み続けるので困っていたので、これなら子ども達もゲームしている感覚で勉強にもなるし、よかった、よかった。

・・・と思ってたある日。

「おーい、ご飯食べるで。」

「・・・」

「なぁ、ご飯。」

「もうちょっとだけ。」

「早く終わりなさーい!」

「もう!もうちょっとだったのに!」(# ̄З ̄)

結局、何を与えても夢中になっているときは、無駄ということがわかりました (^_^;)

勉強しているだけ良しとしようかな。

関連記事

おすすめの記事