pickup
夢の平穏な睡眠生活へ向けて、娘さんの布団を購入

娘さんは来年、小学生になるのでそろそろ、ひとりで寝てもらおうという話になり、娘さん用の布団を買いに行くことになりました(^^♪

気に入るシーツがあればいいけど。

平穏な睡眠生活実現に向けて

我が家は5人全員同じ部屋で寝ています (-_-)zzz

長男くんと弟くんが二段ベットで、

シングルベットを二つ並べて、わたしと奥さんと娘さん。

最近、娘さんの寝相悪い問題が我が家での懸案事項になっています(^▽^;)

あっちへゴロゴロ、こっちへゴロゴロ。

右、左だけではなく、上にも下にもナナメにも・・・

一晩の間に必ず2回以上は娘さんに蹴られて目が覚めます (一一")

痛いし、眠いしもう大変・・・

何かいい方法はと思いついたのが、もう来年には小学生になるので、そろそろ一人で寝てもらおうということになりました。

問題は場所ですが、意外と簡単に解決しました (*^^)v

長男くんは基本二段ベットの上で寝ていますが、夏場は暑いらしく、毎年床で寝ています。

今も床で寝ているので、年中、床でいいか確認すると

「全然、OK。」

と回答あり (#^^#)

次は、弟くん。

二段ベットの下から上へ移動してもらおうと交渉すると、

「えぇー、めんどくさい。」_| ̄|○

とりあえず、小さい子は寝相が悪いから落ちたら大変とか、弟くんはもうお兄ちゃんやから落ちないし代わってあげてーやと、お話合い。

「もう、わかった!!」

と、OKをいただいたので、今度は娘さんを説得。

「えぇー、お母さんとお父さんと寝たいなぁ。」

と、初めは言っていたものの、

「もう来年、小学生になるし、一人でねれるんちゃう?」

「お父さんは一年生からやったけど、もう寝れるん?すごいなぁ~。」

と、畳みかけ、さらに奥さんが、

「かわいい布団買いに行こっかぁ~」

この言葉が決め手になり、娘さんも一人で寝ることは承諾し、夢の平穏な睡眠生活に向けて、一歩前進したのでありました。

布団を買いに

さっそく、奥さんと娘さんと3人で布団を買いに行くことになりました。

市内の『ニトリ』まで車を走らせて向かいます。

お店について、布団を探していくと、

「あっ、これかわいいんちゃう!?」

「えぇー、やだ。こっちのほうがいいもん。」

「こっちのほうがいいと思うで。」

「えぇー、やだ。」

「もう、ぜんぶぜんぜんかわいくないーだ(怒)」

・・・

また、いつもの母娘の会話が続きます (^▽^;)

もう好きなもん、買ってくれたらいいよ・・・

ようやく、シーツの柄が決まり、お会計へ。

この日は、家のソファーが古く、ボロボロになっていたので、こちらも購入しました (#^^#)

コロナでどこもいけないので、こういうところで奮発 (^▽^;)

ソファーは後日、届けてもらえるらしいので、布団を持って帰りました。

家に着いたら、さっそく娘さんの布団を準備。

今日から快適な夢の平穏な睡眠生活が送れそう !(^^)!

夢の平穏な睡眠生活へ

娘さんとお風呂に入って、ドライヤーで髪を乾かして、歯みがきをして寝る準備万端。

娘さんが大きなあくびをしていたので、

「もう寝よっか?」

「うん。」

「かわいいお布団になったしな。お父さんもいっしょに行ったほうがいいん?」

「うん、いっしょにいこう。」

寝室に入り、娘さんはうれしそうにベットに向かって飛び込みます。

わたしもベットで大の字になり、

「あぁ~、ひとりで寝れるって最高!!」

と、思っていたら、

「あぁ~、なんかきんちょうする~」

「??」

「あぁ~、きんちょうする~」

「なにが??」

「あぁ~、きんちょうする~」

「もしかして、ひとりで寝るのが緊張するん?」

「うん。」

「えぇー、どうするん?」

「おとうさん、こっちきて~よ。」

「!?」

まさかの子ども用ベットで二人で寝るはめに・・・(^▽^;)

もう、しかたないなぁ。

そう思いながら、いっしょに娘さんとその場で寝てしまいました (-_-)zzz

・・・

「痛っ!!!」

目が覚めると、娘さんの蹴りがわたしのお腹に炸裂 Σ( ̄□ ̄|||)

そのまま、逃げるように自分の布団に潜り込み、

「平穏な睡眠生活までは、もうしばらくかかりそうやな・・・」

そう思いながら、就寝するのでした (一一")

おすすめの記事