pickup
娘さんとひまわりまつりに行ってきた

いい天気が続いていたかと思えば、今度は雨が続く予報🌧️

週間天気予報で1日だけ、雨が降らなさそうな日を狙って近所でやっているひまわり祭りに行ってきたました(^ー^)

娘と2人でおでかけ

週末家に帰ると冷蔵庫に『ひまわりまつり』のチラシが張ってあったので、一番興味のありそうな娘さんを誘って行くことにしました。

長男くんは当然来ないとして、弟くんはかろうじて来ないかと期待を込めて誘ってみましたが、

「う~ん、いいわ。」

と、あっさり断られました ( ̄▽ ̄;)

この日は奥さんは仕事、男兄弟2人は家で宿題をすることになったので、わたしと娘さんの2人で出掛けることになりました。

「楽しそうだと思うんだけどなぁ~」

ひまわり貰った

会場は同じ市内の隣町、車で30分くらいのところにあります。

この会場では、春はチューリップ祭りをやっています。

チューリップまつりは一度、長男くんが小さい時に一度来ていますが、ひまわりまつりは初めてです (*´ー`*)

小さい子連れて行くのには、いい場所だと思います。

現地に着くと、さっそく素敵な看板がお出迎えしてくれました (^ー^)

中に入って行くと、すぐに受付があって入場料500円(中学生以下無料)を支払います。

まわりを見渡すと、少し小ぶりではありますが、ひまわりがたくさん咲いています 🌻

「すごいいっぱい咲いてる~キレイだね。」

娘さんはテンション上がってきた感じです (^ー^)

受付の人が

「5本までなら持って帰ってもらっていいですよ。」

と教えてくださったので、ハサミをお借りして持って帰るひまわりを選びます。

娘さんが選んで、自分でハサミで切って、うれしそうに握っていました (^^)d

ひまわりアート

ひまわりが咲いている中をどんどん奥に進んでいくと、なにやら看板がありました。

『体験型 ひまわりアート』

奥の方を覗いてみると、木にたくさんの絵が飾られています!!

すごい、みんな上手だね。

と話ながら、奥へ進んでいくと会場らしき建物が

その中で、何人かの子供たちが絵を描いていました。

娘さんに

やってみる?

と声をかけますが、反応がいまいち・・・

たぶん、やりたいけど失敗したらイヤだとか思ってるんだろうなと感じたので、少し近くでブラブラしていると、会場にいたお姉さんが娘さんにやさしく声をかけてくださいました

わたしといっしょに描くのを約束すると、娘さんは絵を描くのを承諾。

「もう、めんどくさい。描きたいくせに(^_^;)」

お姉さんに白い紙と絵の具をわけてもらい、手で好きな絵を書いていきます。

「ひまわりまつりにきたから、ひまわりの絵を描こう!」

と、いうことで、いっしょにひまわりの絵を描きました(^ー^)

完成した作品がこちら。 ジャーン

左のひまわり以外は娘さんが描きました(^ー^)

「ほら、上手にできたやん。」

次に絵を木に貼って、記念撮影 (^o^)

娘さんも上機嫌です。

ホワイトコーンは無かったけど

『ひまわりアート』を後にして戻っていくと、お店が出ていたので少し休憩。

頑張って絵を描いたごほうびに、娘さんとかき氷を食べました🍧

娘さんのご機嫌は最高潮に (^O^)

入り口の受付付近まで戻ってくると、水をまいているおじさんがいたので、邪魔しないように歩くと、あることに気づきます。

「ん、アンパンマン!?」

「こっちはトトロ。」

娘さんと2人目を丸くしながら、水で絵を描いている様子を眺めて、ただただ感心。

「すご~い。」

最後に『シルクコーン』という白いトウモロコシを買って帰ろうとしたら、品切 ( ̄▽ ̄;)

それでも、ピーマンをわけていただいたので、ラッキー(^ー^)

持って帰って、ピーマンの肉詰めを奥さんに作ってもらって、美味しくいただきました。

肉厚でとっても美味しかったです。

男兄弟に『シルクコーン』をお土産に持って帰ると約束したもののなかったので、代わりに寄り道をして、チーズケーキとロールケーキを買って帰りました。

これで、文句もでないだろう。

みんな、よろこんでくれるかなぁ(^^♪

家に帰り、ケーキを見せると大喜びのお二人さん。

「よかった、よかった。」

と、思っていたのも束の間、、、

ひまわり祭りの様子の写真をみんなでみていると弟くん、

「あぁー、ズルい!!!」

かき氷を食べている娘さんの写真を見て、ご立腹の様子 (^▽^;)

だから、いっしょに行こうっていったやんかぁ~

おすすめの記事