pickup
家族でおでかけし、娘のランドセル選び(^^♪

この日は野球の練習が午前だけだったので、久しぶりに買い物に行くことに。

弟くんはお友達を遊ぶ約束をしたみたいなので、4人で行ってきました🚙

娘さんは来年小学生

早いもんで娘さんも来年は小学1年生になります。

うちは3人子どもがいますが、上二人が男の子なので、お父さんとしては3人目にして、ようやく生まれた女の子。

とにかく『かわいい!』

誰がなんと言おうと『めっちゃかわいい』です。

テレビを見るときも、お風呂に入るときも、寝るときも、お父さんといっしょにいてくれるのです。

父親としては、ものすごくうれしいぃ

いきなり熱くなってしまいました(;^ω^)

娘が生まれてから5年間、可愛がりすぎるは、甘やかすわで、今になって

「この子、来年から小学生やけど大丈夫かな」と少し不安に。

お父さんが甘くても、お母さんが厳しいから大丈夫だよね。

ランドセル

ゴールデンウィークに一度ランドセルを見に行ってきたのですが、結局その時注文しなかったので、そろそろしといたほうがいいんじゃないということでランドセルを買いに行くことになりました。

お目当ては『HAKURA』の手作りランドセル。

弟くんもここでランドセルを購入したのですが、奥さんお気に入りの一品です。

『豊岡鞄』ブランド認定の確かな品質。

背負い心地が軽く感じる工夫がされているし、使いやすさも追及されている。

そして、小学校卒業までの6年間完全無料保証。

壊れても無料で修理してもらえます。

さぁ娘さんは何色を選ぶのかな。

楽しみ、楽しみ。

展示品のランドセルをいろいろ背負わせてもらいます。

娘さんが一番に飛びついたのは、今年からの新色の「バイオレット」。

「このむらさきのがいい♬」

背負った姿を鏡で確認し、ご満悦の様子。

でも、奥さんは紫はあんまりのご様子で、ここから親子のかけ引きが始まります。

「でもやっぱり、赤がいいんちゃう?」

「えぇ~、やだ」

「ピンクめっちゃかわいいやん、これにしたら」

「むらさきがいいの」

なかなか手ごわい娘さん。

「他の色も背負ってみたら」

いろんな色を見させて、他の色に興味をうつす作戦でしょうか?

楽しそうにいろいろ背負ってみて、満足そうな娘さん。

満を持して、奥さんが

「何色にする、水色とかもいいんちゃう?」

「えぇ~、むらさきにする」

これ以上、言っても意思は変わらんのちゃうと奥さんをさとし、娘さんに一応確認。

「今日、お店の人に頼んだら、もう変えることできないよ。やっぱり他の色がいいって言っても無理だからね。」

「そんなの、わかってる」

「わかった、じゃ紫で決まりね。でもなんで紫がよかったの?」

「だって、キュアコーラルもむらさきでかわいいやん♬」

・・・プリキュアで決めたの??? あとで、気が変わりませんように・・・

奥さん、最初からどうにもならなかったぽいよ(笑)

その後、しまむらで

ランドセルを注文した後、長男くんが夏服がないから買ってほしいというので、そのまましまむらでお買い物。

「そういえば、俺も夏服あんまりなかったな。」と思い、娘さんも連れて長男くんに同行。

二手に別れ、服を探すことに。

「おとうさん、これかわいいんちゃう?」

「そんなんお父さんに似合うかな?」

とか言いながら、服を選び終わったあと、娘さんは一目散におもちゃコーナーに向かいます。

「お父さん、さっきめっちゃかわいいやつがあったんだけど」

「今日はランドセル買ったからもう買わないよ。」

無視して、長男くんの服選びを手伝っていると、何か手に持っている娘さんが登場!

手にもっているのは、プリキュアの入浴剤・・・

「おとうさん、これほしいかって!」

「もう今日はダメって言ったでしょ!」

あきらめるかと思いきや、勝手に買い物かごの中に入れている・・・

「すぐ買ってばっかり言ってちゃ、1年生になれないよ。我慢もできるようにならなきゃ」

「がまんできるもん、このまえ、いっかいしたし」

「一回だけかい!!」

とツッコミながら、最終的には根負け・・・

結局、買ってしまった・・・

また、弟くんに「妹だけ、いっぱい買ってもらってズルい!」

と怒られそうだ。

家に帰ってから、終始ご満悦の娘さん。

おばあちゃんにも、見せに行って(笑)

いっしょに入ったお風呂でさっそくプリキュアの入浴剤を入れると、中から「キュアサマー」がでてきました。

「コーラルがよかったのに」

と言いながら、大事そうに持ってお風呂をあがる娘さん。

つくづく、娘に甘い自分を再確認し、『明日からは厳しくするぞ』と、今まで何回誓ったかわからない誓いを再びする日でした・・・

P.S. おじいちゃん、おばあちゃん、孫のランドセル代、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

HAKURA ホームページ

https://www.hakura-randsel.jp/

おすすめの記事