pickup
弟くんとバッティング練習

「おとうさん、今空いてる?」

「大丈夫やけど、どうしたん?」

「野球の練習しよ~」

と、いうことで一緒に野球の練習をすることになりました (^^)d

弟くん、いいね

わたしが夏休みの間は、普段いない父親がいるのですぐに子ども達が近づいてきてくれます (*^^*)

ホントにありがたいし、忙しくても家に帰りたいと思うモチベーションにもなります。

そういう環境を作ってくれている奥さんにも感謝です (^人^)

この日は弟くんから誘われて、野球の練習。

「何の練習したいん?」

「バッティングする。」

どうやら、いいバッティングが出来てないのを自覚しているらしく課題を解消したいみたいです。

いい心がけ (^^)d

家にもネットがあって『ティバッティング』はできるのですが、やっぱり野球の練習するのは広い方がいいよねと小学校に行くことにしました。

練習に必要な道具を車に詰め込み2人で出発。

長男くんは宿題が途中までしか出来てないので、後で遅れて合流予定。

高校野球ばっかり観てるからやん・・・

ホンマにもう(>_<)

我が家のお気に入り『キレダス』

学校に着くと、バッティング練習したいと言っていたものの、やっぱり最初はキャッチボールでしょ (*^^*)

と、いうことでキャッチボールを開始。

我が家はまずは、お決まりの『キレダス』から始めます。

しっかり、体を使いながら手首をしっかり立てて、リリースするとキレイに飛んでいきます (^^)d

『キレダス』を使った後、ボールに握りかえて投げると、はじめのうちは必ず相手の頭の上を遥かに越える『大暴投』をします (*^^*)

でも、これがいいんです!

しっかり手首を立てて投げられている証拠。

そして、いつもどおり投げて、相手の頭の上を越えていくということは、同じ力でいつもより遠くに投げられているということです⚾

あとは1球ずつ、さっきボールをリリースした位置よりも前でリリースするようにすれば、いつもより力を入れなくても、キレのある良い球が投げられます (^^)d

感覚を教えるのはとても難しいことなのですが、これを使うと視覚でちゃんとできているか確認できるので、非常にわかりやすいし、効果が出るまでが早いです (*^^*)

「今日が人生で一番若い日。」(by リベ大 両学長)

興味のある人は是非一度お試しください!!

バッティング練習

キャッチボールで肩慣らしが終わったので、今度はバッティング練習。

弟くんは『スイッチヒッター』を目指しているらしく、右打席でも左打席でも打てるように頑張ってます。

今は左打席に立ったときに足を活かすため『セーフティバント』の練習をしているのですが、その時に頭が前に突っ込みます。

そのクセが普通に打つときでも出てしまいフォームが崩れるので、まずはその修正から。

今日の意識して取り組むポイントを3点伝えます。

・『でんでん太鼓スイング』でバットが出やすいトップの位置を確認

・頭を軸足の上に置く意識で

・軸足をしっかりまわす

※でんでん太鼓スイングは、また今度解説します。

近くから、軽く下投げで投げてあげて、上記3点を一つずつ意識してもらい、最終的には3点同時に意識して打てるようになってきたら、今度はさっきより距離をとって正面から上投げで投げていきます。

そうするとさっき出来ていた『頭を動かさない』ができず、ボールを迎えいく形になり空振り。

「頭動いてるよ。」

「軸足の上に頭置いて、ボールはだけで見てよ。」

と声をかけ、続けていき、また今日の取り組むポイント3点が同時にできるまで続けてあげます。

そうすると、次第に

『カキーン』

と、良い当たりが飛び出すようになり、弟くんも満足そう(*^^*)

今度の練習まで、ちゃんとその感覚覚えていておいてやぁ~

おすすめの記事