pickup
鬼滅の刃 ノベライズの新刊が発売されていた(^o^)丿

仕事帰りに本屋さんに寄り道。

久しぶりに来たな。

去年は毎日のように来ていたのに。

なんか、おもしろそうな本ないかなぁ~

鬼滅の刃 ノベライズ新刊が発売されていました

本屋さんに来ると、まずは新刊のチェック。

おもしろそうな、本がたくさん山積みされています。

「『お金の大学』の平積みされてる。まだ売れてるんやな。」

次はスポーツコーナーに行き、野球関連の本をチェック。

『秋本 真吾』さんの走塁に関する本を発見!(^^)!

「あっ、この人YouTubeでみたことある人や。」

4,5年前から最近まで、毎日見ていたYouTubeチャンネル『トクサンTV』で何回か登場されていて、走塁に関する技術向上のための練習方法を教えてられました。

手に取ってみて、軽く中身をパラパラとめくります。

「この本、気になるなぁ。今日の候補やな。」

話は変わりますが、私は電子書籍より、紙の本の方が好きです。

慣れていることもありますが、実際に手に取った感触がいいのはもちろん、もう一度読みたい場所なんかをすぐに探し出すことができるからです。

今回みたいに、買いたい本を探すときなどは、やっぱり紙の方が自分がわかりやすい書き方をしてあるかなどを確認できるので、安心して購入することができます(*^^*)

「他になんかないかな。」

もう少しうろうろしてみると、児童書のコーナーにたくさんの同じ本が飾られているのを発見!

「ん!あれはもしかして。」

近づいてみると、『鬼滅の刃 ノベライズ』の新刊『遊郭潜入大作戦編』が発売されていました。

「走塁の本もきになるけど・・」

と、頭をよぎるものの、弟くんがずっと読みたがっていたのを思い出し、この日買う本をこれに決め、レジへ。

家に帰って見せた時、うれしそうにしてくれるかなぁ (^^♪

柱はやっぱりかっこいい!

本を買ったあと、帰りの電車に乗り込み、早速、買った本を読んでいきます。

今回の本は、映画にもなった『無限列車編』の続きから始まっています。

少し前に届いた、『無限列車編』のDVDをこの間、子ども達と見ていたのですが、小説とは違って、映像ならではの迫力があり、とても集中して最後まで見れました(^o^)

終わったときは、もう終わりって感じです。

エンディングで流れる『Lisa』さんの『炎』がとても、この作品にあっていて最後まで見どころ満載の作品でした。

「よかったなぁ、もう一回、時間つくって見よう。」

鬼滅大好きな弟くんと、娘さんと「おもしろかったね。」と話ながら、ふと、野球以外に興味のない長男くんに目を向けると、

プロ野球選手名鑑読んどる!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

しかも、去年のやつ…

寝転びながら…

ぜひ、野球以外の話にも興味もってほしいものです( ̄▽ ̄;)

話がそれましたが、小説の方もカッコいい柱がでてきます。

今回の小説はいつもよりボリュームがあり、読みごたえがありました。

『鬼滅の刃』という作品は鬼が人間から鬼になった背景など、いろんな角度から話が進んでいくので、その人(鬼)がなぜそんな考え方になったのかなどがわかるので、とてもおもしろいです。

人が絵や映像をつけてくれるのも、おもしろしですが、自分の頭で描きながら物語を読んでいくのも楽しいですよ。

早く、続き出ないかなぁ~

鬼滅の刃 ノベライズ ~遊郭潜入大作戦編~ (集英社みらい文庫) [ 吾峠 呼世晴 ]

価格:935円
(2021/8/11 20:54時点)
感想(2件)

もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】
おすすめの記事