pickup
第4子の誕生と子ども達の成長と親のあり方

親という字

「ただいまぁ~」

「あっ、お父さんだ。」

週末、雪の影響で社宅での在宅勤務だったため、いつもより早い時間に家に帰ることができました。

奥さんは出産のため入院しているので、なんかいつもと違い寂しい感じがします。

その寂しい感じを紛らわすかのように、子ども達が寄ってきます。

「お父さん、赤ちゃん産まれたんで。」

満面の笑みで近寄ってくる娘さん (*^^*)

うれしいんだろうなぁ~

新しい家族が増えて、しかも『お姉ちゃん』になったので。

「写真と動画見た?」

「みたー。めっちゃかわいい。」

そこに弟くんも入ってきて、赤ちゃんの話で盛り上がります。

「この2人はいろいろ興味もって、お世話とかしてくれそうやな。」

そう思いながら、ふと目を台所に向けると、

長男くんが食器洗いしてる!!

しかも、何も言われなくても、自分からΣ゚Д゚≡( /)/エェッ!

奥さんが妊娠中から少しずつ『自分のことは自分でする』習慣をつけてもらうように、言い聞かせ実践してもらってましたが、いざお母さんがいなくなって、こんなにすぐするようになるとは思ってもいませんでした。

しかも、プールで使った水着、野球の練習で使ったジャージなどは、自分で洗濯して干してくれていました (pq゚∀゚*○)

今回の出産をきっかけに少し自覚がでてきて、『自分のことは自分でする』習慣がついてきてくれたのは、とてもうれしい成長です。

『木の上に立って見る』と書いて『親』

ほんとにそのとおりだなと思います。

今思えば、長男くんが産まれた頃は『ちゃんとせな、させなあかん』と、過干渉になっていたと思います。

だんだん自分でするようにさせてたつもりでも、つい手を貸してしまうことが多かったかな。

それに気がついたのはわりと最近。

奥さんに薦められた本を読んでから、意識して自分でしてもらうようになりました。

そういえば、奥さんの子育ては昔からけっこう『いい意味でほったらかし』だったですね。

『自分でさせて、失敗して、なんで失敗したか考えてもらう。』

『致命傷にならない失敗をしなければOK。』

子育てには、これくらいの感覚がちょうどいいのかなぁ。

ただ、『子どものしたことを受け入れる度量』は親に必要になってきますけど。

そういう意味では、親も子どもに成長させてもらっているんでしょうね。

まぁだいたい何とかなることが実感できてきたので、この調子でこのままいきたいと思います (*^^*)

ホントいろんなことを気付かせてくれる子育て

大変なことに感じても、過ぎてしまえば良い思い出。

その機会を与えてくれた奥さんに感謝、感謝です♪(*・ω・人)

おすすめの記事