pickup
【兄弟対決!】ピッチャー 弟くん vs バッター 長男くん(左)

弟くんが練習試合で良いピッチングをした次の日の練習。

早速、兄弟対決実現!!

ピッチャー 弟くん vs バッター 長男くん(左)

右で打つと手加減を知らんので、強制的に左打席に立たせました(笑)

結末はいかに!!

負けず嫌い同士

練習試合のピッチングの出来に、大喜びの弟くん。

この日の晩御飯中にもうアピール ( ̄▽ ̄;)

「なぁなぁ、スゴいやろ!」

「がんばったやんなぁ~」

と、捲し立ててきます (^o^;)

「すごいすごい」

「よし!!」

ちょっと鼻につきますが、これでやる気になってくれるんだったら安いもんか (*^^*)

でもちょっとだけ

「今日は5年生の少ないチームやったやろ?」

「4、5年生には外野まで飛ばされてたやろ?

同学年くらいにはいいけど、高学年が多いチームとやると、もっと打たれることもあるよ。」

「はーい」

「とりあえず、ストライクを入れて打ってもらって、その後アウトになるかは、みんなにまかそう。」

「まぁ、3年生であれだけストライクが入れば上出来だけど。」

「うん、うん🎵」

みんなが褒めるなか、一切褒めない人が一人。

「小さい子が多いチームやったから、うまくいったんや。」

「高学年にはみんな外野運ばれて、ヒットになるし。」

・・・( ̄▽ ̄;)

「まぁまぁ、今日はストライクを入れるのが仕事やねんから。」

「そーやぁ!」

また、始まったわ(笑)

ほんとに負けず嫌い同士。

たまには素直に褒め合おうよ (^o^;)

もう一回、昔みたいに『お互いのスゴいところ、良いところ』10個ずつ書いてもらおうかな (*^^*)

書いてもらうのに、書けた人から『お父さんが思っている子ども達のここがスゴい』を見せてあげると言ったら、この間は書いてくれたけど。

今回は別の手を考えなあかんな (^-^;

関連記事

兄弟対決

練習試合の次の日。

この日はチーム練習の日。

練習の中盤に、最近の練習メニューの定番となっている、

6年生(攻撃)vs 新チームの練習がありました。

6年生相手にちゃんと守れれば、試合でもできると思いますが・・・

「こんなに差あったっけ?」

と思うくらい、6年生達がスゴく見えます!

ホント容赦ない (^o^;)

特に走塁はドンドン積極的に走るので、守る方は『もうなんかわからん』ってくらいテンパってます ( ̄▽ ̄;)

そのうち試合でやられるし、今のうちに経験しといたらいいと思います (*^^*)

そんな中、ついにきちゃいました !

ピッチャー 弟くん vs 

    バッター 長男くん(左)

昨日の好投した調子そのままに長男くんを打ち取るのか!

それとも6年生のお兄ちゃんとしてのプライドを保てるのか!

いざ尋常に勝負 d=(^o^)=b

まずは初球。

低めが少し外れて1ボール。

2球目。

高めのボール球をフルスイングするも空振りで、1ボール1ストライク。

3球目。

同じく高めのボール球をフルスイングも空振り。

弟くん。

1ボール、2ストライクと長男くんを追い込みました。

このまま、打ち取るのか?

兄貴の意地をみせるのか?

勝負の4球目。

低めにコントロールされた球を今度は見事に弾き返して飛んでいったボールは、放物線を描いて旧ウサギ小屋へと突き刺さりました!

ホームラン!!

弟くん、ボーゼン。苦笑い (^▽^;)

追い込まれた後も思い切ってバットを振りぬいて、みごと兄貴としてのプライドを保ちました!

監督談

もう少し早く左の練習させとけば、おもしろかったかも。

お兄ちゃんに打たれた弟くん。

気持ちを切り替えて、この後も淡々とストライクを投げ続け、練習終了。

打たれた後に変わらずストライクを投げ続けられるのも、スゴイと思うよ (^^♪

練習後、自宅にて。

「高め2球で追い込んだし、低めで打ち取れると思ったのに~」

「甘いわ。あそこはもう一球大きく外した高めのボール球やろ。」

家に帰ってもやってるわ。

負けず嫌い同士の兄弟が・・・

いや、でも親としてはいいもん見せてもらって満足でした (^^♪

次の勝負はどうなるかな!?

関連記事

おすすめの記事