pickup
【おススメ】子どものスパイクを長持ちさせたかったら、『コーティング レジン(塗りP)』を塗ってみよう

弟くんのスパイクが大変なことになってます!

なんで、こんな穴の開き方になるん??

サイズ的にはまだまだ使えそうなのに・・・

本来の使い方とはちょっと違うけど、この『コーティング レジン(塗りP)』で補修しよう (#^^#)

これなら穴も埋まるし、まだもう少し使えるし、これ以上ひどくなることもないよね!

『コーティング レジン(塗りP)』

少年野球の悩みの一つは、これじゃないでしょうか?

スパイクがすぐ痛む・・・(^▽^;)

特にピッチャーやってる子はすぐにスパイクが痛んでしまうと思います。

軸足のつま先から親指側。

ここがすぐボロボロになって、まだ履けるのに泣く泣くスパイクを買い替える (´;ω;`)ウゥゥ

スパイク代バカになりませんよね!?

そんな悩みを解決してくれるのがシューズ補強剤の『コーティング レジン(塗りP)

この『塗りP』はシューズの摩擦部分を補強してくれます。

重ね塗りをすればするほど補強効果がアップしますので、2度3度と重ね塗りをして使用してください。

スパイクのもちが全然違ってきますよ(^^♪

使用方法

今回は本来の使い方とは違いますが、穴の開いたスパイクの補修をしたいと思います

使用方法

・補強剤(塗りP)を塗る部分をブラシや乾いた布などで汚れを取り、乾燥させる

・補強剤(塗りP)を塗る領域を付属の研磨紙やヤスリなどで塗布面が軽く羽毛立つまで擦る

・チューブの先端に穴を開け、補強剤(塗りP)を押し出しながら塗っていく

・付属のヘラで表面を滑らかに整える

・重ね塗りをする場合、30分以上おいてから、重ね塗りをする

・乾燥までに6時間以上かかるので、風通しの良い場所でしっかりと乾燥させる

引用:シューズ補強剤  塗りP 使用方法より

使い方はこんな感じです。

あと、商品の裏面の『使用上のご注意』もしっかり読んでから使用してください。

作業は基本的に外がいいです

「器用じゃないし」とか「難しそう」と思った方も大丈夫です。

使っているうちに最終的にはこんな感じになります。

スパイクといっしょに汚れが馴染んで、少々の凸凹も気にならないようになります。

値段も500円程度でできるので、一度チャレンジしてみましょう (#^^#)

回数を重ねていくと、だんだん上手くなっていきますしね

補強剤(塗りP)を塗る部分をブラシや乾いた布などで汚れを取り、乾燥させる

まずは補強剤(塗りP)を塗る部分をブラシや乾いた布などで汚れをしっかり取り、風通しの良い場所などで乾燥させます。

ワンポイントアドバイス

汚れやほこりなどがある状態で、補強剤(塗りP)を塗ってもすぐに剥がれてしまうため、この作業はしっかりおこないましょう。

万が一、剥がれて来た場合は瞬間接着剤などで直すこともできますので、安心して作業してください。

補強剤(塗りP)を塗る領域を付属の研磨紙やヤスリなどで塗布面が軽く羽毛立つまで擦る

補強剤(塗りP)を塗る領域を決めていきます。

写真をみると、軸足(右利きなら右足)のだいたい親指の付け根のあたりから、薬指くらいまでを直線で結んだ箇所に塗っていきますので、この領域を付属の研磨紙やヤスリなどで塗布面が軽く羽毛立つまで、しっかり擦ってください。

ワンポイントアドバイス

塗るところをペンなどで印をつけておくと、ヤスリで擦る時にわかりやすいです。

※なるべく細いペンの方が失敗しにくいと思います。

ここもしっかり擦らないと、剥がれの原因になってしまいますので、塗布面が軽く羽毛立つまで、

しっかり擦ってください。

チューブの先端に穴を開け、補強剤(塗りP)を押し出しながら塗っていく

補強剤(塗りP)のキャップを外しチューブの先端に穴を開け、補強剤(塗りP)を押し出しながら

シューズに塗っていきます。

ワンポイントアドバイス

あんまり最初からたくさん塗りすぎると乾きも悪くなり凸凹にもなりやすいので、

少し薄めに塗っていくと失敗しにくいです。

これは個人的な感想になりますが、わたしの場合は直接塗らず、付属のヘラに補強剤(塗りP)を

必要分取ってシューズに塗っていく方がキレイに塗れました。

付属のヘラで表面を滑らかに整える

シューズに塗った補強剤(塗りP)を付属のヘラを使って、表面を整えていきます。

わたしのやり方を試された方は、この工程は不要です。

重ね塗りをする場合、30分以上おいてから、重ね塗りをする

重ね塗りをする場合は補強剤(塗りP)を塗ったシューズを風通しの良い場所に置き、30分程度乾かします。

ワンポイントアドバイス

この補強剤(塗りP)重ね塗りをすればするほど補強効果がアップしますので、できれば3度、

重ね塗りをするのがおススメです。

乾燥までに6時間以上かかるので、風通しの良い場所でしっかりと乾燥させる

重ね塗りが終わったら、風通しのいい場所で6時間以上しっかり乾燥させましょう。

ワンポイントアドバイス

乾燥が不十分だと強度も弱くなりますし、剥がれの原因にもなりますので、まとまった時間

(寝る時間)などを利用して、しっかりと乾かしましょう。

まとめ

6時間程度乾かしたら、作業は完了です (^^♪

今回の私の完成品はこちらです。

今回で2回目の作業となりますが、1回目の時よりは上手くできたんじゃないかなぁと思います !(^^)!

今回補修した弟くんのスパイクと長男くんのスパイクは同じ日に買いました。

今回紹介した、シューズ補強剤の『コーティング レジン(塗りP)』を塗っていた長男くんのスパイクの方がピッチャーをやっていたにも関わらず、長持ちするという結果になりました。

やっぱりこの『コーティング レジン(塗りP)』は非常に役立つアイテムだったことが証明されたんじゃないかと思います。

『失敗したらどうしよう』と私もやる前は思っていましたが、やってみたら意外と簡単でしたよ。

失敗して剥がれても、接着剤でつければ問題ないのは長男くんのスパイクで証明されてますしね (^▽^;)

コイン』と少しの手間でスパイクの痛みが和らぎ、買い替えの頻度が減るのでとても経済的です。

少年野球の保護者のみなさん、子どものスパイクがすぐ傷んでお困りでしたら、一度試してみてください (#^^#)

おすすめの記事